そもそもキャッシングとは

たまに、キャッシングをクレジットカードのようなものと思っている方がいらっしゃいますが、それは異なります。
キャッシングとは現金をATMや銀行口座への振込みの形で借り入れることをいいます。
クレジットカードのように後払いとかではなく、現金を借り入れるのです。

そのため、クレジットカードではなく現金が必要な時に簡単に借入ができるようになりますので、そういった意味で便利なのです。
大手の消費者金融でしたら、コンビニATMなどで簡単にそして素早く借入を行うことができますので、現金が急に必要になった時でも安心です。

借り入れた金額には、金利がかかってきます。
借り入れ期間が長ければ長いほど金利が増えていき、返済額が多くなってしまうのです。
そのため、借り入れたお金はなるべく早く返したほうがいいのですが、そういった返済スケジュールも割と自由といえます。

キャッシングはクレジットカードと同じように、審査に通過できなければ利用することはできません。
審査に通過できるとカードが発行され、いつでもキャッシングすることが可能となるのです。
一度会員になっておけば、お金が必要になった時にすぐに借り入れできるようになるので、便利なのです。

クレジットカードとキャッシング、どちらがいいかというご質問には答えられません。
どちらにも独自のメリットがあるため、皆様の状況次第といえます。
ただ、どちらにも共通していえるのは、計画的に使っていかないと危険ということです。
キャッシングの返済を繰り返し延滞していると、ペナルティなどもありますので、返済に関してはきっちり行う必要もあります。
いつでも借り入れできて便利なのですが、無計画な利用や返済の延滞をすると不利益を被ることもありますので、ご注意ください。

更新日: