トラブルに遭ったら

キャッシングを利用していれば、トラブルに見舞われることもあります。
こちらではそんなトラブルが発生した際の対処法についていくつか紹介したいと思います。

・不当な請求には屈しない
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、不当な請求は退けることができるのです。
違法な金利をふっかけてきたりした場合、その請求に屈しなければ退くことができるのです。
ただし、一度屈してしまうと「契約」が成立して支払いの義務が生じてしまうこともあります。
もちろん、あまりにも不当な請求だった場合は後ほど正式な手続きを踏めば却下されることもありますが、用心が必要です。

・警察はあまりあてにはならない
キャッシングでトラブルになったとき、警察が力を貸してくれると考えている方が多いのですが、その考えは多少間違っているといえます。
警察は全てのキャッシングトラブルに介入してくれるわけではなく、よっぽどのことがない限り「民事不介入」を理由に介入してくれないでしょう。
これは別に警察が怠慢だというわけではなく、キャッシングトラブルを解決するのが警察の仕事ではないということですので、そこは勘違いのないようにお願いします。
中には、警察が解決してくれないことに焦り、憤慨し、本来すべき行動をしない方も多いので、そういったことのないように気をつけましょう。

・然るべき専門家に頼る
キャッシング問題を解決してくれる専門家は警察の他にいるのです。
消費者生活センターや各自治体の市民相談室、そして弁護士などが所属する法律事務所です。
キャッシングに関するトラブルに遭った際にはそういった専門家に頼りましょう。
ただし、キャッシングのトラブルとは別に暴力や脅迫の被害にあった場合は警察にも頼りましょう。

以上のような行動をキャッシングトラブルの際にはとるようにしましょう。

更新日: